企画展

企画展

  1. トップ
  2. 企画展

企画展

「超技の世界 ―瀬戸焼・美濃焼・名古屋絵付など―

※音声ガイドでお楽しみいただけます。

「超技の世界 ―瀬戸焼・美濃焼・名古屋絵付など―」
会期

2019年1月11日(金)~5月19日(日)

後援

名古屋市教育委員会・瀬戸市・多治見市

企画展詳細

 明治・大正時代、驚くほどの技巧を凝らし多彩な装飾が施された陶磁器が制作され、海外へと輸出されました。特に、愛知、岐阜、三重の東海3県では、瀬戸焼や美濃焼、名古屋絵付、常滑焼、萬古焼など、様々な陶磁器が生み出され、当時の技術を結集させた器の数々は海を渡り、好評を呼んで多くの人に愛好されました。
 中でも、瀬戸や美濃という一大窯業産地の陶磁器は名古屋へと集積され、ここ名古屋を拠点として世界へと旅立ちました。明治中頃には、東海3県で日本の陶磁器生産額の半分以上を占め、最盛期の1929年には、7割を占めるまでになりました。本企画展では、明治・大正時代に瀬戸、美濃、名古屋で作られたやきものの他、東海地方の各産地で制作された陶磁器作品を紹介いたします。

講演会

―やきもの王国―
東海の超技の世界

講師: 高木典利氏(陶器師)高木典利氏(陶器師)
場所: 横山美術館5 階多目的ホール
日時: 2019年1月26日(土)13:30~〈定員60名〉
*要事前申し込み、要入館料
申込方法: 1月11日(金)よりお電話(052-931-0006)にて〈先着順〉

予告

「煌めく薩摩」

会期

2019年6月21日(金)~11月10日(日)

終了した展覧会

愛された セト・ノベルティ展」

※終了しました。

「愛されたセト・ノベルティ展」
会期

2018年8月4日(土)~12月2日(日)

後援

名古屋市教育委員会・瀬戸市

企画展詳細

 セト・ノベルティは、100年以上に渡って制作が続けられ、輸出陶磁器の花形として多くの作品が海外に渡りました。輸出された作品には、日本の職人の技が発揮された素晴らしい工芸美術品といえる作品が多くあります。
 本展ではこれらの作品に再度脚光を当て、当館所蔵のノベルティを中心に選りすぐりの作品250点余りを展示します。特に米国の著名な画家であるノーマン・ロックウェルの作品をもとに制作されたノベルティを一堂に紹介するとともに、大型の人形、鷲などセト・ノベルティの秀逸な作品の数々もご覧いただけます。当時の職人たちの卓越した技巧と、大小様々な作品が織りなす世界をご堪能ください。

終了した展覧会

「時を超え心揺さぶるカップ&ソーサー展」

※終了しました。

「時を超え心揺さぶるカップ&ソーサー展」
会期

2018年2月27日(火)~2018年7月1日(日)

企画展詳細

 明治・大正時代、驚くほどの技巧を凝らし多彩な装飾が施されたカップ&ソーサーが制作され、海外へと輸出されました。コーヒーや紅茶などを飲む習慣がなかった日本人にとって、カップ&ソーサーなどを作ることは至難の技でした。大変な試行錯誤が繰り返された後、当時の技術を結集させた器の数々は海を渡り、好評を呼んで多くの人に愛好されました。
 本展覧会では、明治・大正時代に日本の各産地で制作されたカップ&ソーサーの他にコーヒーや紅茶、ホットチョコレートを飲むためのセット作品を、当館所蔵品の中から選りすぐり紹介いたします。

終了した展覧会

「今、甦る陶磁器 明治・大正」展

※終了しました。

今、甦る陶磁器 明治・大正
会期

2017年10月1日(日)~2018年1月31日(水)

企画展詳細

 名古屋はかつて、海外へ輸出される陶磁器生産の一大拠点でした。特に現在の名古屋市東区には、産地である瀬戸などに近いという好立地から、多くの陶磁器工場が立ち並んでいました。各産地から運び込まれた陶磁器に絵付けを施す、上絵付作業が発達する中で、“名古屋絵付” と呼ばれる豪華で華やかな作風は、海外でも人気を博しました。
 公益財団法人横山美術館は、明治・大正時代に制作された輸出陶磁器の“里帰り品” を中心に展示しています。名古屋周辺で制作された輸出陶磁器をはじめ、日本初の洋風陶磁器であるオールドノリタケや、まとまった作品群を目にする機会の少ない隅田焼のほか、有田焼、京焼、瀬戸焼、九谷焼、萬古焼など、息をのむほど緻密で大胆な作品の数々を、ぜひご覧ください。

オープン記念講演会

明治・大正の輸出陶磁器 -その特質と魅力-

※終了しました。

  • ◎講師:大熊敏之氏(富山大学大学院芸術文化学研究科教授、「開運!なんでも鑑定団」鑑定士)
  • ◎日時:10月1日(日)13時30分~15時 〈定員60名〉 *要事前申し込み、要入館料
  • ◎申込方法:9月1日(金)10時よりお電話(052-931-0006)にて〈先着順〉

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る